スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

昔から本を読むのが好きな私ですが
最近、読書について書いていなかったので
久しぶりに書こうかな~と
今年になって読んだ本の一部で
感想はあくまでも私の勝手な感想でーす

 
舟を編む舟を編む
(2011/09/17)
三浦 しをん

商品詳細を見る

玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか──。言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを謳いあげる三浦しをんの最新長編小説。(Amazonより)

感想:思わず家にある辞書を手に取りたくなります。
    映画も見たけど良かったな~。


楽園のカンヴァス (新潮文庫)楽園のカンヴァス (新潮文庫)
(2014/06/27)
原田 マハ

商品詳細を見る

ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは――。山本周五郎賞受賞作。(Amazonより)

感想:ピカソとかルソーとか全然詳しくない私でも
   思わず引き込まれて一気に読んじゃった。
   美術館に行きたくなります。


永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

永遠のゼロ - 百田尚樹
「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくるーー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。(Amazonより)

感想:これは映画館に観に行った時も記事にしましたが
   映画の後に原作を読みました。
   もう少し大きくなったら子供にも読んでもらいたい本です。


豆の上で眠る豆の上で眠る
(2014/03/28)
湊 かなえ

商品詳細を見る


行方不明になった姉。真偽の境界線から、逃れられない妹――。あなたの「価値観」を激しく揺さぶる、究極の謎。私だけが、間違っているの? 13年前に起こった姉の失踪事件。大学生になった今でも、妹の心には「違和感」が残り続けていた。押さえつけても亀裂から溢れ出てくる記憶。そして、訊ねられない問い――戻ってきてくれて、とてもうれしい。だけど――ねえ、お姉ちゃん。あなたは本当に、本物の、万佑子ちゃんですか? 待望の長編、刊行!(Amazonより)

感想:湊かなえさんの本は大体読んでいます。
    事件が起こった時の母親の描写とかリアルで引き込まれたけど
    最後の真相はちょっと無理があるかもなーと思ってしまいました。
    
個人的感想ですが、どれも面白かった本ですので
もし機会があったら読んでみてくださいね
そしておすすめの本があったらぜひ教えてください

ランキングに参加しています。
ぽちっとクリック応援よろしくお願いします!

ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も昔はちょいちょい本を読んでたんですけどね~(^^:)
最近は時間がないことを理由に全くと言っていいほど読んでないです。
子どもが寝ているときとか、細切れで読む時間とれるけれど、先が気になるからガーっと一気に読みたい私には耐えられない(笑)
たまにはじっくりたっぷり読んでみたいなぁ(^^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

「豆の上で眠る」の、aikkoさんのあらすじを読んでたら、面白そうで読みたくなりました!
「永遠の0」は岡田くんが見たいから、レンタルDVDで借りてみてみたい♪

私も本は大好きですが、今は、子供たちが図書館で借りた児童図書を読むぐらいです(^_^;)
児童図書だから、単純なストーリーだけど、私、めっちゃ泣いてます(笑)

No title

こんばんは♪

私、ここ最近、全然本読んでなかったー!
読書スキで、前はヒマさえあれば読んでたのにー。

楽園のカンヴァス 、読んでみたいな~。
引き込まれて一気に読めチャうって大事よね。

読み始めても、なんとなく途中から進まない本あるもんね^_^;

No title

♪こんにちは♪

最近は一人静かに読書~って言う時間もあまりないけれどそれでも『永遠の0』は読みました~本当は映画も観たかったんですけどね・・・そして最近は東野圭吾作ばかり・・・『マスカレード・ホテル』先が気になりどんどん読めてしまいます(*^_^*)
“豆の上で眠る”読んでみたくなりました~

No title

♪よしのん☆さんへ

独身の時と違ってなかなか時間もとれないし
本を読む機会ってどうしても減りますよね~。
確かに細切れあと時間は作れるけど
一気に読みたいときには辛いですよね(^_^;)
私は二人とも小学生になってから
だいぶゆっくり読めるようになりました♪

♪ぱーくままさんへ

「豆の上で眠る」は、王様のブランチの
BOOKコーナーで紹介されてるのを見て
すごく気になってた本だったんです☆
「永遠の0」は岡田くんマジで素敵ですよ~!

子供たちが借りた本を一緒に読むのもいいですね!
めっちゃ泣いてしまう児童図書ってなんだろう?
機会があったら今度教えてください=^-^=

♪kyonhappyさんへ

こんばんは♪

私も以前よりは全然読まなくなったけど
読み始めるとやっぱり面白いのよね~♪

「楽園のカンヴァス」は出てくる絵画をネット検索で
観ながら「これねー」って読み進んでみた(笑)
どうしても途中で読むのが辛くなってくる本
たまにあるもんね~(^_^;)

♪yu-peaceさんへ

こんばんは♪

「永遠の0」は読まれたんですね~(^-^)
映画もすごく良かったですよ!
うちの旦那なんか知らぬ間にDVD購入してました(^w^)

東野作品!私も大好き~♪
今回も「祈りの幕が下りる時」を入れようかと思ったけど
長くなるので載せませんでした☆
「マスカレード・ホテル」近いうちに必ず読みたいです♪
プロフィール

aikko

Author:aikko
FC2ブログへようこそ!神奈川県在住の4人家族で、パパ・ママ(私)・12歳と9歳になる2人の娘で暮らしています。笑ったり怒ったり子供たちにふりまわされる毎日ですが、一瞬一瞬を大切に(なかなか出来ないけど)楽しく過ごしていきたいと思っています♪

最近の記事
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
いくつになったの

*script by KT*
いくつになったの

*script by KT*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。